スポンサードリンク

2014年03月14日

太らない食べ方を確立する栄養素とは

太らない食べ方を確立する栄養素とは


66669.jpg


太らない食べ方を実践しようと考える時に、多くの方が脂肪や糖質
と言った栄養素に拘りを持たれると思います。

脂質と糖分は太るための必需品みたいな栄養素ですもんね。

太らない食べ方をとはどういうものか考えた時に、
脂質や糖分は天敵になる事は間違いないでしょう。

ですが、昔から腹八分目と言われるように、いかなる栄養素も
ほどほどに摂取する事は大切で、アミノ酸のように体にいい
栄養素ばかりを偏って摂取することは危険な事です。

自分では太らない食べ方を実践していると思い込みがちですが、
今のご時世、殆どの食材に脂質や糖質の栄養素は含まれています。

つまり、自分では摂取していないつもりでも、知らないうちに
摂取しているカロリーが沢山あるという事なんです。

だからこそ、全ての栄養素において、腹八分目を心がける事、
これが何より重要な太らない食べ方のポイントになるのです。

自分では太らない食べ方を心がけているつもりでも、あまり効果が出ない
という人の大半は、栄養素のバランスが悪いという事が考えられます。

私たちの体は代謝によって脂肪をエネルギーに変え、燃焼させますが、
その代謝が悪いとどうしても太りやすく痩せにくい体質になってしまうんです。

そこで、それを防ぐために、代謝をアップさせる栄養素を沢山摂取するのが
太らない食べ方の基本なのですが・・・

その燃焼させるための材料となる脂肪などの栄養素が
不足したらどうなるのでしょうか。

これをまず知る事、これが太らない食べ方を確立する第一歩になるのです。

代謝を活発にさせるためには、引火物となる栄養素と、
着火物となる栄養素が必要になります。

ところが、大半の方は、着火物となる栄養素ばかりに注目しがちで、
太らない食べ方を進めて行こうとする人が多いようです。

引火物となる栄養素がなければ代謝は活発に活動しませんから、
脂肪燃焼も活発になりませんよね。

そこで、双方の栄養素をバランス良く摂取する事が
太らない食べ方では非常に重要な事になってくるのです。

太らない食べ方の中では、代謝の際に引火物となる脂肪や糖分や、
着火物となるアミノ酸などの栄養素をバランス良く摂取する事、
これが大事な事です。

一見、引火物となる栄養素は少ない方がいいのではないかと
思われがちですが、そうではありません。

僅かに入って来た栄養素を私たちの体は代謝を維持するために
蓄えよう蓄えようとするので、実際は思ったほど太らない食べ方には
なっていないのです。

つまり、着火物となる引火物を1摂取したとしたら、引火物となる栄養素も
1摂取して、それをしっかりと燃焼しきる事が大切なのです。

それに合わせて軽い運動も取り入れてもらいたいものです。
なぜなら運動こそ着火物となる栄養素の一つで、太らない食べ方の
強い味方となるからです^^

実際に太らない食べ方を実践されている方のブログや、
健康関連のサイトからもガッツリ情報を摂取してくださいね。

posted by ダイエッターたえ子 at 01:52 | ダイエット
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。