スポンサードリンク

2014年08月03日

食べたい衝動を抑えてくれる食品5選

食べたい衝動を抑えてくれる食品5選


痩せたい!でも食べたい!

多くの人が思い悩む食欲への衝動
この一口がデブへの道・・・
分かっていても止められない・・・

99-0.jpg


それでは その食欲を抑えてくえる食品があったら?
勿論 ダイエット薬品などに頼るのではなく
ちゃんとした食事で食欲を抑えてくれるなら?

こんな嬉しいことはないですよね。

痩せたら何をしたいですか?

オシャレなお店に入って
可愛い洋服を買いたいですよね
その服を着て出かけたいですよね。

梅雨の季節も終わって
本格的な「夏」到来

肌の露出が多くなるこの時期こそ
真剣にダイエットにチャレンジしたい。
でもお金のかかる事や無理なダイエットは
長続きしません。


じゃあ、食べなければいいのでは?
もちろん数日の断食ダイエットはデトックス効果もあり
悪いことではありませんが、
断食ダイエットは長くても3日までです。
これ以上続けることは危険です。


分かっていても食べたい!


そんな食欲の衝動を抑えてくれる食品が
実は身近にあるんですよ。

食欲を抑える役割がある食品の代表

まずひとつは・・・



枝豆

hachimitu1.jpg

枝豆の効能として
肝機能強化・疲労回復・動脈硬化予防・夏バテ防止など

「畑の肉」とも呼ばれる大豆同様、
枝豆には良質なたんぱく質が豊富に含まれています。
さらに、糖質、脂質・ビタミンB1・ビタミンB2・カルシウムが
多く含まれていて、栄養価が高いんです。
また、大豆にはないビタミンCをたっぷり含まれているのも特徴。
葉酸も多く、体の成長促進、貧血の予防などに効果があります。

お肌のコラーゲンができる美の方程式は
タンパク質+ビタミンC=コラーゲン生成
枝豆を食べるだけで実現するなんて嬉しいですね。

枝豆は歯ごたえもよく、腹持ちの良さが抜群で
高たんぱくで豊富な栄養素なのに
低カロリー(枝豆は25本程度で70cal)なんです。

摂取カロリーを抑制してくれる作用もあって
食事の前に枝豆を食べると食欲も抑えられるので
最強の食材ですね^^

冷凍枝豆を安価で多く出回ってますし
簡単に食べられるので暑い夏には特にオススメ

また、暑い夏には枝豆をつまみにビールを・・・
という方が多いですよね。
実は枝豆に含まれるビタミンB1や、メチオニンという成分は、
アルコールの分解を促して、肝臓の負担を低下するのをサポートするんです。
大豆に豊富に含まれる蛋白質などはアルコールの分解を助ける働きがあり
枝豆をつまみにするという行為は、実は理にかなっているんですね。



チョコレート
hachimitu2.jpg


ダイエットの大敵のイメージが強いチョコレートですが
実は!ドカ食い防止の強い味方になってくれる
とっても嬉しい効果があるんですよ

その昔から、カカオの飲み物が薬として
珍重されていた事は有名です。

チョコレートの主成分はカカオで出来ています。
カカオには、タンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、
炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、
マグネシウム、亜鉛やその他ミネラル、ビタミンEなど
たくさんの栄養素が豊富に含まれているんです。

カカオに含まれるタンニンには、
便秘予防の効果があると言われています。
チョコレートには食物繊維もたっぷり含まれているので
便秘の解消になり、デトックスダイエットに効果的

また、カカオには血液をサラサラにしてくれる
ポリフェノールが赤ワインよりも豊富に含まれています
ポリフェノールは代謝をアップさせ、
ダイエットに繋がるんですね。

チョコレートをほんの少し食べるだけで
身体に嬉しい成分が速やかに得られて
満腹感も得られるので、
食べ過ぎを防ぐことができるんです。

但し、重要な事がいくつかあります。
チョコレートは食前10分くらい前に
カカオ70%以上のビターチョコレートを
1日約50グラムまで
朝・昼・晩3回に分けて、空腹時にゆっくりと食べます。

食事との間があいてしまうとただの間食になってしまうので、
時間をしっかり守ることと、
甘いミルクチョコレートだとダイエット効果は薄いので、
チョコレート選びが大切なんです。



アーモンド
hachimitu4.jpg


ダイエット効果抜群のアーモンドには
老化防止・便秘解消に優れた成分が多く含まれています。

アーモンドの脂質の約70%がオレイン酸
オレイン酸は不飽和脂肪酸で
脂質といっても通常の油と違い、体内で酸化しにくく、
かつ善玉コレステロールを維持したまま、
悪玉コレステロールだけを制御する働きがあるんです。

「ニキビができる」「カロリーが高い」
…そんなイメージの強いアーモンドですが、
実はデトックス効果から若返り効果まで、
アーモンドには素晴らしい効能がいっぱい。
特にアーモンドの美容効果はすごいですよ。

ダイエット時には敬遠しがちなナッツ系でも
アーモンドだけは別なんです。

間食に少し食べるのが良いとされています。



ハチミツ
hachimitu.jpg


就寝する1時間前に、ハチミツ大さじ1杯を
お湯に溶かして飲むのがいいと言われいます。

眠る前にハチミツを摂ることで、
体内に入ってからすぐにエネルギー源として働き始め
疲労回復の効果が得られるんです。

ハチミツには鉄、ナトリウム、カリウム、
ジアスターゼ、アミノ酸、ビタミンB1、B2、
パントテン酸など、様々な栄養素が含まれており、
迅速に体に取り入れることができるので、
病気時の体力回復にも即効性があるとされています。

ハチミツの効能には
健康面・美容面においても
数多くの要素が挙げられます

・疲労回復
・高血圧の予防
・便秘や下痢の改善
・強肝作用



バナナ

hachimitu3.jpg

バナナに含まれるアミノ酸フェニルアラニン
が過剰な食欲を抑制する働きがあるんです。

バナナには、腸内のビフィズス菌を増やす
オリゴ糖や整腸作用のある食物繊維のペクチンを含んでいるので
便秘改善につながりデトックスダイエット効果が期待できます。

バナナに含まれる酵素が代謝を高め、
脂肪燃焼を活発にしてくれるんですね。



いかがでしょうか?

普段何気なく食べていた食品にも
実は驚くべきパワーが含まれていたんですね。

これらの効果・効能・摂取方法を知っておくだけで
これらを実践さえすれば、ダイエットへの近道となりますよ^^

今年の夏こそスリムになって、キレイなあなたへ生まれ変わってくださいね。

posted by ダイエッターたえ子 at 16:04 | ダイエット
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。